2008年7月23日水曜日

定期検診 CTの結果

タルセバを休薬して1週間が経過した。

薬をやめたからといって、副作用はすぐには消えない。タルセバの成分が血液中に残っている間は効能と同時に副作用もなかなか消えないようだ。
今日時点での副作用の皮膚疾患の状況はどうかというと、いちばん悪かったときを10とすると、頭と顔・2、両腕・3、足・6、背中8といったところ。爪も若干は良くなっているが、物に触れると痛いということは変わらないため、不自由をしている点では変わらない。

早く出始めた順に治りつつあるようだ。全部消えるのはまだしばらくかかりそうだ。

〔16日撮影のCT結果について〕全体の奏功があったとはいえないが、部分的に濃さが薄くなっているところが見受けられる。病勢コントロールの状態といえるので、タルセバを続ける価値はある。但し、副作用が強く出ているので、もう1週間休薬をして一旦副作用を消して、来週から再スタートする。

タルセバには同じ薬でも150mg、100mg、25mgと3種の容量がある(今回は150mg)。再スタートに当たってはどのように服用するかは次回までに検討する。

副作用は本当に厄介なものだ。今まで何種かの抗がん剤を試しているが、それぞれ副作用には悩まされている。それでも今回はいちばん応えたという感がする。今日は休薬1週間で顔の皮疹が大分消えたのでマスクを着用しなかったが、他の部分は今でもとても人には見せられない。

人に分かりにくいのが爪皮疹、パソコン操作ではマウスは使えるが、キーボードの打ち込みは爪が痛くてなかなか打てない。記事更新もなかなかできないでいる。この記事も普段の3倍ぐらいの時間がかかっている。

「敵は本能寺」再スタートは量を減らして癌との戦いとなるが、できるだけ歩きやすい道を選びながら敵を攻める・・ということか。途中で転んでしまっては敵は討てない。

6 件のコメント:

ユーミン さんのコメント...

ブログ更新のペースが遅くなっておられるので、
心配してました。
※キーボードが打てないなら無理しないで下さいね。

イレッサの時も毎日服用は厳しくて、
隔日服用がベストでしたよね?
タルセバもペースを考えて投与すれば、
きっとうまくいきますよ。
(^o^)

露出部分の皮疹が収まってきたら、
気分転換に遠出するとか。。。いかがですか?
ちょっと暑いですけどね。(^^;;

tamy さんのコメント...

ユーミンさん
そうなんです。タルセバはイレッサと親戚なので、ほぼ傾向は同じでそのパワーアップ版という感じです。
従って、これからの処し方も大体予想は付きます。
早く落ち着いた感じになりたいですね。

大 さんのコメント...

tamyさん、副作用を如何に征服出来るかにかかっているようですね。肺の影が薄くなっていることは、効果として考えれる希望が出ていますね。厳しくも明るい見通しがつきましたね。奏功する事を祈っています。

tamy さんのコメント...

大さん
私の場合は比較的楽観主義者なので、可能性が残っていれば過度な期待をする方です。
だから、少しでも効果がありそうだと思えればすぐ前向きになれます。

今までも、この繰り返しだったし、今後もこの状態で推移しながらの延命もありだという覚悟ができています。

ハンフリー さんのコメント...

  TAMYさん
 猛暑の中、涼しい境地は簡単にやってこないもんですね。

 爪皮疹やっかいですね、実体験は後続患者にとってホントに貴重な情報です、感謝しています。

 Life Palletのdiary,TAMYさんに追随して始めました。
 
 酷暑これから、感染症などご自愛下さい。

tamy さんのコメント...

ハンフリーさん
私は放射線だけは未経験ですが、ハンフリーさんのブログを拝見すると、放射線と皮膚の関係も厄介そうですね。

特にこれからの暑い時期、皮膚のトラブルは特に厄介になりそうです。お互いガマンの時期を乗りきりましょう。