2008年12月30日火曜日

年末のごあいさつ

今年も年末を迎えた。

月日の経過を速く感じるのは日頃多忙に過ごす場合だけかと思ったら、私のように自宅での闘病中でも速く感じる。どうもその感覚は忙しさではなく、年令によるもののようだ。

10歳から20歳までの10年と、40歳から50歳までの同じ10年間では同じ時間なのに後の方が半分以下に感じたものだ。50代、60代も40代に劣らず益々速く感じる。

ところで2008年の漢字は「変」と決まった。
政治の面では日本の首相の交代、アメリカの次期大統領の「change」。経済の面では世界的な金融情勢の変動。株価暴落や円高ドル安などの大幅変動。生活では食の安全性に対する意識の変化。物価の上昇による生活の変化。環境では世界的規模の気候異変による、地球温暖化問題の深刻化。地震やゲリラ豪雨などの天変地異・・・。

どの面から見ても今年の変化は大きかった。将来、折にふれターニングポイントとして取り上げられるような年だったのだろう。

自宅療養中の身には新聞やテレビでその荒波を見るだけで、直接波をかぶってはいないが、来年はその波はもっと広範囲に広がってすぐ近くまで迫るか、しぶきをかぶるような危惧を感じざるを得ない。

「変」は「変わる」の変だけでなく、「変える」の変もある。個人にできることは小さいが、政治や経済、環境など個人の参加で可能なこともあるので、良い方向への変化を念じながら強い関心を持ち続けて、自分にできる範囲で参加しなければいけないのだろう。

私の病状も、サイトを見てくださる皆さんあるいは親族の方々の病状も、ともに良い方向へ「チェンジ」することを願いたいものである。


皆さん、今年はこのブログにアクセス戴き、まことにありがとうございました。周囲の環境悪化に負けないで一歩一歩良い方向への前進をするよう努めましょう。

どうぞ良いお年をお迎えください。

6 件のコメント:

ラザロ さんのコメント...

tamyさん

肺腺癌の大先輩が、新年を迎える。
どうぞ良い年になりますように。

私は、来年はどういう年になるか?
リンパ節の腫脹も確定診断が出来ず?に
年越しです。

今日は桜の木を剪定していましたが、
途中でどうにも手に負えなくなり、危険を感じ、
友人の大工さんに急遽来てもらいました。
(危険すぎて)
『非常識だ!』と怒られました。
ここ2,3年、少し高い桜の木の上で、途方にくれることが続いた。時には木から落ち、時には塀を曲げてしまいました。時間がなく、体力の持続性も無く、道具もなく、金銭の余裕も無く?、自力でやってのけてきましたが、とうとう応援を呼びました。110番も。
木は重く大きく、2階屋を超え、11年育てた木を強剪定するのは、実に残念。桜の木は、難しい木です。植えなければ良かったと一人落ち込む一日でした。

ホワイトマム さんのコメント...

 tamyさん

今年は私にとっては、良い出会いの年でした。そして、このブログと出会えたのも、その一つです。どうぞ、来年も、楽しく、そしてうんちくのあるお話しをお聞かせ下さい。楽しみにしています。

ラザロさん

桜の木のお手入れ、大変でしたね。以前私も、家の前にある木を切ろうとして、死ぬ思いをしたことがあります。たった一本の枝ですら、びっくりするほどの重みがありますよね。でも、それほどに大きく育った桜の木、ラザロさんの愛情を感じます。大切にしてあげて下さい。春の柔らかい葉を塩漬けにして食したら、きっと桜のファイトケミカルを取り込めますよ。楽しみですね。

tamy さんのコメント...

ラザロさん
我が家の近くの桜並木は植樹の頃から見ていますが、その生命力のすごさは目を見張るものです。年々枝の成長がすごくて、これは個人では手に負えないと想像できます。

ホワイトマムさん
「縁は異なもの味なもの」といいます。ラザロさんは私のことを「肺腺癌の大先輩」といいますが、このブログの皆さんとは癌がなければ出会えない大切な仲間です。これからもよろしくお願い致します。

ラザロ さんのコメント...

tamyさん、ホワイトマムさん

3時ごろに桜の強剪定を完了しました。
11年の年輪が切り口にぴったりと合いました。冬なのに水が結構上がっていて、もうつぼみのポイントが出来上がっていました。
今年は家の外、来年は家の中を整理したいと思います。近所ともうまくやって行きたいのですが、難しいです。剪定中にフラッシュで撮影する人もいて、友人の大工さんが嫌がりました。危険な作業中でもあります。
昼、その家に行き、理由を問いました。
『空を撮って何がいけないのか?』と母親が嘘をつきました。強いフラッシュに職人さんの目はごまかせません。私もケンかをするつもりはなく、牽制しました。
近所づきあいは、癌の治療のように難しいです。

ところで、診察の時に主治医に疑問点を聞きます。診察は急ぎません。ゆっくりと説明してくれます。肺がんの中では、やはり小細胞癌は厳しい、と言います。さりとて、どんな癌にも特効薬も今のところ無いです。
完治は少ないにしても、癌との共生をし、
死を遥かかなたに追いやることはきっと可能でしょう。
今年もtamyさん、お世話になりました。
とても立派なHPですよ。

tamy さんのコメント...

ラザロさん

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」(夏目漱石・草枕)

人の世で住むのは今も昔も本当に苦労の多いことですな。

ラザロ さんのコメント...

向こう3軒両隣…
漱石は、一番好きな作家です!