2007年9月29日土曜日

松坂投手、ご苦労様

今日は松坂のレギュラーシーズン最終戦。この半年、イチロー、松井と並んで大リーグでの日本人の活躍を楽しませてもらった。私のようにリタイア組で自宅で過ごす者にとっては朝放送される大リーグ観戦は大きな楽しみの一つだ。

「1億ドルの男」松坂は半年間苦しみ続けた。最初から最後までハラハラしながらの観戦だった。そうはいっても終わってみれば1年目からチームで唯一ローテーションを守り抜いた。これが一番大切なこと。調子のよしあしがあっても、首脳陣の期待に応えることができなければマイナーに落ちるしかない。それに加えて、日本人としてはいずれも野茂以来2人目となるシーズン200奪三振、200投球回に到達しただけでも、賞賛に値する結果だろう。地区優勝を決めた記念すべき試合でこれまた記念すべき15勝目を挙げたことは何かを持った選手であることは間違いないようだ。

戦前の予想は過剰なものが多かった。それは横浜高時代の甲子園や、国・地域別対抗戦・ワールドベースボールクラシックで診せたような「伝説」があるからだろう。いくら超人でも1年を通してすべて良い成績を残すことは難しい。本当に調子の悪いときもあったが、そうでなくとも8割ぐらいの力で長期間を見すえた省エネピッチングをしていたように見えた。大リーグは甘くはない。そこを何回もガツンとやられた。それでも週間朝日に自身が書いている連載などを読んでも、1試合ごとに現状を冷静沈着に実態把握ができている点はなかなかのものだ。来期は今年以上の数字が残せそうな予感がする。

日本では9月27日の広島・ヤクルト戦には広島・黒田博樹投手を見にアメリカから4人のスカウトが視察に来たという。来期はマリナーズあたりに黒田投手が登場すれば大リーグ観戦にまた楽しみが増える。

3 件のコメント:

ユーミン さんのコメント...

松坂クンは相当なプレッシャーだったでしょう。
彼だから1年間頑張り続けて15勝もできたと思います。
これからプレーオフですね。松坂VS松井が楽しみです。(^^)
来期は、私個人的にはやはり井川クンです。(苦笑)
頑張れ井川!

あと黒田クンはメジャーに行ってほしくないなぁ。。。
去年、広島ファンの熱い想いが届いて残留しました。
FA宣言→阪神入りを、ほぼ確実視してた阪神ファン(私も)も
黒田クンの男気に感動したものです。

メジャーも面白いですが、日本の野球も捨てたもんじゃないですよ~。
メジャーの華やかさはありませんけどね。(^^;;
今、メジャーに行ってる日本人が全員帰ってきたら、
日本の野球もメチャメチャ面白くなるんでしょうね。

大 さんのコメント...

松阪投手は予想通りの成績でしたね。驚きですね。もっと早く行ってればもっと、稼げたのでしょうにね。日本の野球界は寂しくなりましたね。残念。

tamy さんのコメント...

ユーミンさん、大さん
ユーミンさんは大分前にも井川投手のことを心配してましたね。来年を期待しましょう。
野球もサッカーも海外がヒノキ舞台である以上、そこに憧れるのは自然の流れでしょう。それだけ日本選手のレベルが上がったということですよね。
それに日本人の観客を呼べたり、放映権やグッズの売り上げ等々ビジネス上の魅力はバカにならないことに気づいたようですよ。