2008年5月15日木曜日

定期検診・MRI、CT結果説明

●5/12(月)CT撮影

●昨日(5/14)は5月2回目の定期検診だった。
病院到着9:30。採血、レントゲン撮影、11:00検診。

【診察結果】
・肝臓の数値はGOT=31(基準値10~40)、GPT=50(5~40)とGPTが基準値の上限をやや超えたが、自覚症状もないし、先生の説明も問題なしだった。
・白血球の数値は5,370(正常範囲3,900~9,800)で、毎回バラツキはあるものの、正常範囲にあり安定している。
・レントゲン画像には(肺炎等)異常は見られない。

イレッサは昨日までで126錠服用した。
副作用として心配される、肝臓の数値は服用している薬(プロへパール)の効果か、ほぼ安定している。

【MRIの結果】異常なし。

【CTの結果】前回(昨年9/25)と比較すると形は同じだが、濃さがやや濃いように見える。2/6撮影のPET-CTとの比較では変化が見られない。但し、CTとPET-CTでは比較画像の大きさが違うので正確な比較はできないので、2/6撮影のPET-CTと本日これから撮影するPET-CTとを同じ大きさの画像で比較して、次回の定期検診時に今後の治療計画を検討する。

【皮膚科検診】副作用の皮膚疾患は最近かゆみが強くなっているので、飲み薬を一つ追加した。

【PET-CT撮影】12:45~14:20

今回、気懸りだったCTの結果説明は何となくすっきりしなかったが、次回の診察まであまり深刻に考えないで待つことにする。同じようなことが繰り返えされると、一喜一憂の幅は小さくなるから不思議だ。

4 件のコメント:

ヒロ さんのコメント...

tamyさん

定期検査の結果は総体的に良好でなによりです。

母の様子です。
休薬後、今月の7日に再入院しまして8日からタルセバの投与が始まりました。
今日で8錠服用しましたが、今のところ重篤な副作用は出ておりません。
12日にレントゲンと血液検査がありその結果について主治医から説明がありました。

・レントゲンの所見は白くなっていた右肺の中下葉部分に改善が見られる。
・血液検査ではLDH値が再入院時の300から230まで下がっている。
・聴診器の診察では気管支の空気の流れがとても良くなってきている。
・自覚症状の咳、痰の回数が軽減してきている。
・効果がでており良い状態だと言える。このまま継続してさらに様子をみたい。
、、、とのことでした。

ただ同時に
・イレッサの時に効果が短期間で終わったこともありまだ喜ぶ段階ではない。
・あくまで〝現時点〟という条件付での評価である。
、、、とも言われました。

確かにファーストライン治療でのイレッサ投与時は僅か1ヶ月で進行してしまいました。
そういう意味では今回も今後どうなるかは不明です。
ただセカンドライン治療の無効判定以降本人、家族共々重く沈んだ時間を過ごしてきましたので
現時点という条件付とはいえ久しぶりの朗報に気持ちも前向きに明るくなっています。
少しずつでも改善し、かつ継続できることを願っております。

tamy さんのコメント...

ヒロさん

「本人、家族共々重く沈んだ時間を過ごしてきましたので・・・」この気持はよくわかります。我が家も全く同じなので。

タルセバで効果が出ることを祈ります。

大 さんのコメント...

tamyさん、PETーCTは大きな医療器具の武器でしょうね。悪性度から軽度の腫瘍まで判別してくれますね。グリーンから赤まで色の区別で判断できますね。今からが正念場ですね。暗い気持ちや不安もありますが、寄り添ってくれる家族がありますから、心配せずに最高の医療を受けていられる事に感謝して前向きに生きましょう。同じ患者として応援しています。

tamy さんのコメント...

大さん
ありがとうございます。
そういう励ましはとても力になります。
こういう励ましを受けられるのも、サイトを運営しているお陰です。お互いがんばりましょう。