2008年10月22日水曜日

1日おいて再入院

20日に好中球不足で退院となったが、その後1日置いて今日が最初の通院日だった。何のことはない、今日の採血で一発合格となった。こんなことなら20日は退院しなければ良かった・・・といってもそれは結果論、取り敢えず急遽入院して(入院の支度はしてくるようには言われていた)明日から治験をやることになった。

今日の血液検査の結果は  白血球5,450 好中球30.6%(1,668)
好中球の率には問題があるが、白血球数が増加したことで好中球の数は合格ラインの1,500を越すことができた。

早速、血液検査(さらに詳しい)の他にも尿検査、心電図、CT撮影が行われた。

前回の入院では白血球の低下で悩まされていた。担当の看護師さんと雑談した中で「白血球を増やすような食べ物とか、方法とかはない?」と聞いたことがあった。
良い答えはないことを承知した上での質問だったが、案の定これといった正解となる答えはなかったものの、その中にひとつだけ良いヒントがあった。

それは「採血の前に運動をすると、多少は上がる」というものだった。これは自分の勝手な想像だが、運動をすれば血流が促進される。そうすれば血液が手足の先まで勢いよく循環されることで、白血球の数値も多少上がることがあるのかもしれない。

入院中経験したことで定期的に血圧を計る際、歩いた後などに計ると血圧が高かった。そして朝の起きぬけなどに測定した時は血圧が低かった。どうも血圧と白血球数は因果関係があるような気がする。

20日の採血では白血球が下がっていた。通常は大体起きて1時間ほど過ぎた時に採血することが多いが、その日は起きてすぐに採血した。

そして今日の採血もその前に駐車場から階段を降りたり長い距離を歩いたりした後の採血だった。

これから白血球を上げたい時(多少であれば?)には採血の前に歩き回ったりすると良いのかもしれない。

6 件のコメント:

ラザロ さんのコメント...

Oh I am glad to hear it from you.
Blessings!

良かったですね。

takemi さんのコメント...

tamyさん
本当に良かったですね。
奏功、心から祈っています。
私もtamyさんの後、着いて行きますから。

tamy さんのコメント...

ラザロさん

マラソンでいえば、スタートラインに着けたところ。さぁ、これからどんなことが待っているか。リタイアせずに完走できればいいのですが。

tamy さんのコメント...

takemiさん
副作用でイレッサを断念されたとのこと。
次の薬が合うといいですね。
どちらにしても副作用のない抗がん剤はありませんから、効果があって、副作用にどの程度耐えられるか・・・ですね。ご健闘を。

ユーミン さんのコメント...

tamyさん、超オヒサです。(^^)
ようやく自宅でゆっくりとPCに
触れる事ができました。
(苦笑)

tamyさんの事は気になってまして、、、
ここ最近のブログを全部拝見しました。
タルセバ断念→休養で、治験薬に
挑戦されてるんですね。
懸命に戦われてるのが伝わってきます。
うちの母は術後から2年経過です。
この前の検査で異常なしでした。
大さんもラザロさんも元気そうで、、、
ホッとしました。

tamy さんのコメント...

ユーミンさん
本当に久しぶりですね。
大分書き込みがないので超多忙なのだろうとは思っていました。
お母さんも異常なしとのこと・・・平穏無事で何よりです。

私も最初のがん告知から5年半になります。
私の場合、闘うのをやめるとその時がアウトの時なので戦い続けるしかありません。

お陰で、最初気軽に始めたサイトのボリュームも年々大きくなってしまいました。訪問者も増えていて、いかにこの病気で苦しんでいる人が多いかを感じます。これからもよろしく。