2007年8月21日火曜日

定期健診並びに3回目の抗がん剤(再)

先週14日(火)は検診並びにジェムザール(1・8・15日)の内の15日目の点滴日だったが、白血球の低下で抗がん剤点滴を断念した。ジェムザール点滴は通常(1・8・15日)の3回点滴で1週間休みというサイクルが標準治療だが、私の場合は骨髄抑制が強く出るので、2回点滴+1週間休みのサイク
ルで試みようという旨が先週説明された。

朝病院に到着して、すぐ採血とレントゲン撮影を行って、11:30の診察を待った。今日は主治医のY先生の診察。予定時刻少し前に呼び出しのベルが鳴った。恐る恐る診察室に入った。

結果は
・白血球の数値は3,200と前回より回復している。
・肝臓の数値等も正常値。
・レントゲン画像には異常は見られない。

ということで、本日3回目のジェムザール点滴を行う。1週間後の来週の火曜日も同じように採血を行って正常値ならば今日と同じように4回目の点滴を行う。

効果があるかどうかは別問題だが、抗がん剤の点滴が行えないのでは話にならない。今日は取りあえず点滴をすることができて一安心、胸をなでおろした。効果の確認は9月末に行うCT、PET-CTで行う。

2 件のコメント:

大 さんのコメント...

良かったね、一つ問題がクリア出来て、本当に嬉しいですね。私もガンになって、勉強をして、この病は大変な病気だとつくずくおもいました。しかし、tamyさんが診て貰ってるいる病院はすばらしいの一語ですよ。専門病院の良さが随所にあって、本当に幸せですよ。最近は抗ガン剤も選択出来るようになって患者としては有り難い事ですね。

tamy さんのコメント...

大さん、確かにガンは厄介な病気ですね。何しろ今の医学ではガンに関して分かっていることの方が少ないですから。私の場合は発病直前に今の病院が近くに建設されました。これは幸運という言葉そのものです。全国的にはガン拠点病院を作るという構想が動き出しましたが、早くどこでも同じレベルで医療が受けられるようになってほしいものです。