2008年6月27日金曜日

退院

昨日【入院17日目】(タルセバ服用15錠目)退院した。

入院によって、初期に現われる副作用(私の場合は皮膚疾患だけ)の確認、及びその処置の仕方。心配される重度な副作用(間質性肺炎、肝臓数値の上昇等)のチェックや今後出た場合の対応の仕方を十分に指導を受けての退院ということになる。

2週間強の入院は今までも何度か体験しているので、特にストレスなく過ごせたといえる。悪く言えば、変な場慣れをしたということか。

それでも、待ちに待った退院である。18日目の我が家は精一杯の背伸びができる場所だ。入院中のストレスはないといっても、6時の起床と10時の消灯、日中動ける範囲等々日常とは違うことがいくつかあるので、すべてを含めて我が家にいる良さには適わない。

副作用の方は前回書いたときと大差はない。副作用は今のところ身体と顔に現われた皮疹だけである。身体の皮疹はそれほど変わらない。新しい皮疹が現われ、古い皮疹が消えて行く。腕や足が多く、その他は少ない。

問題は顔に現われた皮疹。顔全体が赤みがかり、ごつごつとした無色の湿疹が出ている。加えて口や鼻の周辺に粟粒状の赤い皮疹が出てきた。体の方はイレッサのときと同じようにそれほど痛くもかゆくもない。ところがそれと違って、顔の皮疹はかゆみがあり、触れるとひりひりと痛みがある。ひげを剃ることもできない。
1日中、薬を塗ってべたべたとしているので、木村拓也似の容姿も台無しである。

これからどのように変化していくのか分からないが、どちらにしても引きこもりは避けられそうもない。

それでも、病院へ行くときなどは外出しなければならない。大きなマスクにサングラス、帽子・・・などと家族で冗談を言って笑ったが、芸能人の変装と同じでその方が人の注目を引いてしまいそうだ。

病人だから病院へ来るんだと割り切って、平気な顔をするのがいちばん目立たないだろう・・という結論にになった。

10 件のコメント:

ハンフリー さんのコメント...

おはようございます。

 退院なによりです、ひきこもりになる心理判ります。木村拓哉だと思って十分変装して外出を楽しむのは?

 タルセバは中断ですか?食欲はどうでうすか?

 わたしはCTの読影が不十分で転移確定が遅れたようです。30日に放射線科受診します。梅沢先生に相談メールだしました。
 

大 さんのコメント...

tamyさん、皮膚疾患が気になるようですね、顔に出るとなんだか人の視線が自分のほうに向いてくるようで嫌な感じになりますが、全然心配要りません。65歳、70歳、80歳などの人々は普通の年代の人々からは道ばたの石ころよりも軽い気持ちで見過ごしています。ほとんど、無視されていると同じですから、自分が考えているほど注目されては居ません。極端に言えば、道で倒れていても、老人が転んだのでは、ぐらいにしか思っていません。ご心配なく堂々と外出してください。

tamy さんのコメント...

ハンフリーさん
タルセバをどうするかは7月中旬にCT画像で効果を確認して決めます。
副作用の今の状態は殆どの方が体験する状態です。

大さん
励ましていただいて。確かに今の自分の年齢は「お年寄り」。それなりの自意識に合わせる必要があるようですね。ちょっと、寂しい気もしますが、それが現実と・・・開き直ることにします。

ラザロ さんのコメント...

先ほど、ACの新規・更新の工事が終わりました。
狭い家なので、室外機の設置に手間取ったようです。次は、電話機とTVが壊れてきました。およそ10年で機器が壊れる感じです。
参ったー。

tamyさん
大さんの言うとおり、私目も人生振り向かれたことは一度もありません。
振り向いたことは、無数ですが。
以前、何かで入院していた時、交通事故で
運ばれてきた人がいました。
しばらく新聞紙で自分の顔を隠していました。本人が気にするほどの怪我では無かったですけど。

ハンフリーさん
読影の力量には、凄く個人差がありますね。

大さん
毎日、何をしてますか?

ヒロ さんのコメント...

tamyさん

まずは退院おめでとうございます。
副作用が少しでも軽快しタルセバの効果が最大限出ることを祈っております。

母の方は再入院が決まりました。
タルセバは服用が50錠を超え今後も継続とのことです。
ただ胸水の貯留により息切れが悪化、頻繁に水を抜くのも負担になるため胸膜癒着治療を行うこととなり入院が決定しました。

大 さんのコメント...

ラザロさん、毎日が後悔の連続です。自分はこんなに世の中の事が解って居なかったのかと反省もしきりです。人生に後悔は付きものだと言われますが、70歳になっても小さな情けない人間だった事が悔やまれます。どうって事はない人生だけど、もっとやれた事が多くあったと思うと過去の欲が付きまといますね。欲を捨てれば楽になるそうです。私のような凡人には過去も、未来も、今も、捨てきれない欲に悩まされていますよ。お笑い下さい。

ラザロ さんのコメント...

大さん
私自身、路傍の石です。
何も希望にかなったことはありませんが、
気が付いたら、失敗の連続でした。
唯一良かったのは、(信仰のことは、とかく話すと敬遠されますが)
20歳過ぎで、イエス・キリストを知ったことです。
これからは、信仰によって生きることのみに集中するように考えています。
確かに、社会に出ると如実に
金・名誉・異性の損得で、動いていくのが普通です。お金のあるところには、人が群がります。職場では、お金が神様です。
でも人々が求めるそれらは、すべて塵・芥に過ぎません。
本当に大切なのは、自分を造ってくださった方を知り従うことです。
母も80歳で昨年洗礼を受けました。
私から大さんに言えるのは、健全な教会に是非 行ってください! と言うことだけです。

tamy さんのコメント...

ヒロさん
お母さん、また入院なんですね。大変だけど、取り敢えず癌については落ちついているので大きな心配はありませんね。タルセバももう50錠になりましたか。私は今日で18錠です。

大さん
ラザロさん
人生に後悔はつきもの、というのは本当ですね。この歳になると、頭の中はこれからのことより今までのことばかり。
あのときはこうすべきだった、ということがフイと頭に浮かぶことがあります。自分で恥かしくなることもたくさんあります。
人生もう一度やり直すチャンスがもらえればいいんですけどね。

大 さんのコメント...

tamyさん、ラザロさん、         欲張りかも知れませんが、やり直したいですね。欲張りですかね。一度きりは凡人には厳しいですね。宗教の大切さが今頃になって解るのですよ。余命の限られた日々になって知るとはね、遅すぎますね。己を知って恥じいっています。

ラザロ さんのコメント...

大さん
決して遅くは無いですよ。
私の失敗の人生も数え切れないです。
肺癌になって、死を目の前に感じたときは
しばし、体から力が抜けました。
しかし、しばらくして、嘆きが感謝に変わりました。
私は、病気を神様からの贈り物と思えるようになりました。
いつも祈りつつ歩むように覚えて生きています。
『一日一生』(著者:内村鑑三)という言葉があります。