2008年6月16日月曜日

ツバメと再会

副作用として一番多く見られる皮疹が14日(3錠目)の夜に現れた。場所は両腕、赤い小さな皮疹だが、痒みはない。最初気付いた時は両腕とも数箇所だったが、昨日、今日と数が徐々に増え、場所も背中、足に広がってきた。4年前イレッサの飲み始めの時は6日目に初めて皮疹が現れたが、今回はそれより早く現れた。最初顔に出やすいという説明だったが、私の場合は今のところ顔には出ていない。個人によっていろいろなパターンがあるようだ。

その他の副作用は今のところ出ていない。

薬の効果は約1ヵ月後の7月16日(水)にCT撮影にて確認する予定。

今日も梅雨の中休み50%の空は雲に覆われていて、富士山も全く厚い雲の中だ。窓の外を見ていたら、窓の1メートル位はなれたステンレスの手すりにツバメが留まってさえずりながら毛繕いをしている。

昨年も書いた記憶があるので、遡って見てみたら6月24日にやはり病室から見たツバメのことを書いている。昨年と病室が違うので外の風景は違うのだが、今年は昨年の裏側に当たる。コの字型になっているビルのちょうど4階と、5階の軒下の角の部分に巣が2つ見える。

新築ビルとツバメの巣はなじまないが、できた巣を取り去らないのはちょっとした粋な計らいといえる。

子供の頃は大きな民家の軒下にツバメの巣をよく見かけた。

ツバメは人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。

今は昔と違って自然破壊が進んでいるので、ツバメも餌を探すのに苦労するだろうがこの近辺は山岳部なので比較的楽なのだろう。

4 件のコメント:

大 さんのコメント...

tamyさん、ツバメは毎年、同じ巣に帰ってきますね。不思議ですねGPSを持っていないのに、古巣に帰るなんて摩訶不思議ですね。私なんか我が家を忘れそうになってきました。

tamy さんのコメント...

大さん
日本へ来るツバメは台湾、フィリピンなどと季節に応じて往来するそうです。本当にGPSもなく毎年同じ巣に戻るというのは驚異ですよね。

ハンフリー さんのコメント...

 TAMYさん

 皮疹出現ですね、わたしのイレッサ体験では顔面Tゾーンに吹き出しました、その後3日目位で中止してしまいましたが、「もう少しがんばる」という選択肢もあったようです。

 この辺は主治医判断でしょうが、いよいよせめぎ合い、良い方向へ向うことを念じております。

tamy さんのコメント...

ハンフリーさん
タルセバは「効果あり」の話が多いので、期待しています。すべて1ヵ月後予定しているCTの結果と、これからの副作用の具合次第です。

それからブログのカウンターは右のいちばん下に移しました。