2007年7月13日金曜日

初孫の誕生日


横浜に嫁いだ次女の所に生まれた子は我が家にとっても、義理の息子の実家にとっても初孫(女子)になる。

昨年の今頃は娘が出産のため我が家に帰っていて、地元の病院の産婦人科には私の運転で毎日通った。年月が過ぎるのは早いもの、昨日は1歳の誕生日を祝ったそうだ。インターネットで早速写真を送ってきてくれた。横浜と沼津では比較的近いので何かあると里帰りする。
「主婦が家を空けるのは迷惑なので、あまり里帰りはするな」といいながらも「今度はいつ里帰りするのか」と心待ちにする。気持は矛盾するが、孫に会うのは正直なところうれしいものだ。闘病中の私が孫に会うのを楽しみにしているので、私の励みになるようにと先日の入院のときも連れてきてくれた。あいにく孫に風邪を引かせてしまったようで、病院に来ても1階のキッズルームで遊ばせるだけだったが、会うたびに大きくなって表情が変わる。

沼津では1歳の誕生日に歩くようだと、1升の餅を風呂敷に包んで背負って歩かせるという風習がある。我が家の二人の娘も1歳のときそのようにして、今もそのときの写真が残っている。孫も昨日そのようにしたようだが、まだ7歩ぐらいしか歩けないので1升餅を背負うのは無理のようだ。

4 件のコメント:

ユーミン さんのコメント...

とてもカワイイお孫さんですね。(^o^)
tamyさんにとっては抗癌剤より
お孫さんに会う方が、【最善の治療】かも
知れませんね。(^^ゞ

こちらは、CT撮影の検査結果が郵送されてきました。
特に異常はなかったのですが、CEAが9.1もあるので気になるところです。
次回は10月3日です。その時は私も一緒に行きますので、CEAについて確認するつもりです。

tamy さんのコメント...

ユーミンさん
ジジばかですが、本当にその通りです。どこも同じようですね。家内など娘と電話するとき、まだしゃべれない孫をいつも電話口に出させては意味のないことをしゃべっています。
お母さん、CTで異常なければ大丈夫でしょう。私のかかっている病院ではCEAの数値はあまり重要視しません。医師もその数値を言わないので自分でも分かりません。

大 さんのコメント...

tamyさん、初孫の写真、可愛いですね。子供の顔はいくら見ても飽きないし、表情が豊かで、明るさと、未来の希望を与えてくれますね。治療はお孫さんの顔が一番ですね。

tamy さんのコメント...

大さん、この子を見ていると自分の子供たちが小さかったときのことを思い出します。夜中に熱を出して救急病院へ連れて行ったり、七五三やお誕生日の行事、幼稚園や小学校の行事等々・・・。そして娘はまたこれから自分の子供で数々の同じ体験をする、不思議な気がします。