2008年1月10日木曜日

定期健診  イレッサ再挑戦

定期健診  イレッサ再挑戦
昨日(1/9)は定期検診だった。
検診予約がいつもより早く9:30なので、その前の採血とレントゲン撮影を受けるために、いつもより早く8:30に病院に到着した。病院は9:00始まりなのに、採血には既に30人待ちだった。それでも採血は9時より早い時間から始まっており、採血の看護師さんも臨時の応援のテーブルが2つ追加されて7人体制で採血しているので、20分ぐらいで順番が回ってきた。昨年の春から夏にかけての入院の際に、この病院も他の病院同様看護師不足であることはよく感じた。そんな中でも、現場の状況に対応して、採血の人員増強をして、患者の待ち時間を少なくする努力は高く評価する点だ。患者の方を向いている姿勢がうれしい。
レントゲン撮影は待つことなくすぐできたので、9:30には余裕で間に合った。

診察結果
・白血球の数値は3,700と正常範囲(3,900~9,800)よりやや低めだった。
・好中球は50%と標準の範囲内に入っている。
・肝臓の数値等は正常値。
・レントゲン画像には異常は見られない。

イレッサを明日から2週間服用する。23日の定期健診で副作用の状況を見てその後継続するかどうかを決める。効果の確認は2月6日にPET検査を行う。

なお、今後の治療記録については今までの【闘病記・抗癌剤治療】から【闘病記・イレッサ服用】のいちばん下段に記録するようにしたい。

11 件のコメント:

れい さんのコメント...

効果が出るよう祈ってます。頑張って下さい。

tamy さんのコメント...

れいさん
ありがとうございます。
2月6日のPET検査で効果が分かります。

ハンフリー さんのコメント...

 tamyさん

 いよいよ再挑戦、良い結果を期待しています。

 当方ブログのとうり、5連敗中です。

ヒロ さんのコメント...

tamyさん

いよいよイレッサ投与再開ですね。最初の時のような効果が出ることを祈っております。

ハンフリーさん

腫瘍マーカー(CEA)の検査結果が漸増とのこと。次回のナベルビンが効果出るよう祈っております。


お言葉に甘えて母の状況を書かせていただきます。転移検査(骨シンチ、脳MRI、腹部CT)が完了、すべて異常なしでした。
少しホッとしました。イレッサの方(7錠目)も副作用的な症状は出ておりません。

ひとつ気になることがあります。
主治医曰く肺内に一部リンパの流れが悪いところがあり、癌性リンパ管症とのこと。腫瘍の転移でリンパ節やリンパ管が詰まる予後の悪い症状なんですね。こういう原発巣以外に転移した腫瘍もイレッサの効果がでれば縮小するのでしょうか。非常に心配です。

tamy さんのコメント...

ヒロさん

お母さんの状況は文章を読む限りは順調のように感じます。
CT等の画像でも効果が見られるといいですね。

化学療法のよいところは、原発以外にもその効果が及ぶことなので、一般論としては転移した腫瘍にも効果があると思います。医学的に専門的なことはケースバイケースでしょうから、こればかりは主治医によく相談してください。

ユーミン さんのコメント...

レントゲン検査で異常がないのは良かったですね。
私とこも2日前にレントゲン検査を受けました。
異常なしです。(^-^)

血液検査はどこの病院でも同じような状態だと思います。
なので混雑を避けるために、私とこは血液検査とレントゲンは
近くの町医者でやってます。
幸い、そこのお医者さんはレントゲン写真を見る目に関しては
定評があって、とても信頼してます。

イレッサは効果が出たらいいですね。
「神頼み」みたいな心境になられてるかも知れませんが、
この思いが強すぎるとストレスになってしまいます。
難しいかも知れませんが、前に仰られてた「ケセラセラ」で
いきたいところですね♪
(^o^)

tamy さんのコメント...

ユーミンさん
新しい薬が始まるときは、いつも「神頼み」で期待するのは仕方がないところです。

でも、「がんばらないけど、あきらめない」というように自分の気持をコントロールするようになっているので、割合「ケ・セラ・セラ」の気分にはなっています。

大 さんのコメント...

tamyさん、神様は生きようと努力する人の味方ですよ。かの有名なシュバイツア博士は人は生きようとするために他の生き物を殺傷して生き延びてきている、そのために自分の後半生は償いの為の人生を送るとして、アフリカの奥地で医者として人のために尽くして人生を全うしました。私のような凡人はせめて、ターミナルだけはソフトに終わりたいといつも思っている毎日です。自分勝手でしょうかね。再挑戦が成功するように祈っています。

study2007 さんのコメント...

tamyさん

以前から参考にさせて頂いております。最近自分でもブログというモノを初めてみました。その中で「お気に入り」にtamyさんのブログを載せさせて頂いてもよろしいでしょうか?

私も抗癌剤治療にチャンレンジしており、先輩患者の貴重なご意見を頂ければと考えております。

今後ともよろしく御願い致します。

匿名 さんのコメント...

 大学病院で呼吸器内科で働いているナースです。先日、イレッサで効いた患者さんはタルセバも有効であることが多いと言っていました。病院によってまちまちですが、タルセバ導入する病院が増えることを祈ります。ただタルセバはイレッサ(確か投与量が多い?)より皮疹など副作用が出現しやすいともいっていました。ガッツですね。拙い意見で申し訳ござません。

tamy さんのコメント...

study2007さん
このコメント気づくのが遅れて25日にこの書き込みをしています。
このサイトで良ければ、相互リンクは歓迎します。こちらにも早速相互リンクを貼らせて戴きます。
こちらこそ、これからよろしくお願いします。

匿名さん
アドバイスありがとうございます。
このコメント気づくのが遅れて25日にこの書き込みをしています。

タルセバについては私の主治医からも同じ説明がありました。今はイレッサの再投与をしていますが、その効果を見てタルセバに行くものと思います。
私も皮膚が弱いので、皮疹には参りますが、それでも通常の抗癌剤よりはQOLは良いと思います。