2008年1月24日木曜日

定期健診

昨日(1/23)は定期検診だった。
朝から天気予報は最悪。太平洋岸は広い範囲で雪、地元静岡も山間部は雪の予報が出ている。病院は山の上にあるので、途中雪道になったらイヤだなと思って、朝早めに家を出た。雪が降ることは殆どないので、チェーンなどはもちろんない。幸い往復とも雨で済んでその心配も杞憂に終わった。こんな天気でも病院の混雑は相変わらずだ。

以前はいつ行っても呼吸器外科・内科の前の待合席には空席があったが、2年ぐらい前からは常に満席の状態。時間帯によっては、周囲で立って待っている人もいる。
こんなとき、ポケベルを持たせるシステムは便利だ。私の場合はもっぱら待ち時間は図書室で週刊誌を見たり、ラウンジでコーヒーを飲みながら待つようにしている。

診察結果
・白血球の数値は3,200と正常範囲(3,900~9,800)より大分低めだった。
・肝臓の数値等は正常値。
・レントゲン画像には異常は見られない。

前の抗癌剤の影響か白血球の数値がなかなかもどらない。低くても日常生活に支障がないといわれたが、この状態が続くと、必要なときに抗癌剤の選択肢の範囲が狭まるので、何とか戻ってもらいたい。

イレッサは前回の診察日の翌日から今朝までちょうど2週間(14錠)服用した。幸い今日までのところ、心配していた副作用らしきものはまだ出ていない。
肝臓数値(GOT、GPT)も正常値。皮膚疾患もまだ出ていない。

請求書を見ると、イレッサの価格は以前(1錠7,216円=個人負担分はその30%)よりやや下がって6,806円になっている。毎日飲むものなので少しでも安い方が良い。それでもまだ高いが・・・。

効果の確認は2月6日にPET検査を行う。

10 件のコメント:

大 さんのコメント...

tamyさん、効果が出ていますね、よかったね。凄い薬だね。自分も350錠近く服用した事になります。最近は70歳を超えて来ましたので、心房細動が起こって、緊急入院しました。なんとか事無きを得ましたが、体の衰えは隠しようもなく、家で逝きたい、気持ちと、病院にするか、迷っています。人間はつまらない事で迷うものですね。お恥ずかしいかぎりです。

tamy さんのコメント...

大さん
私のイレッサはまだ効果が出ているかどうか分かりません。今度のPET検査で分かります。

大さんは350錠ですか。すごいですね。ピッタリと相性が合った事例ですね。このままできるだけ永くがんばってください。

   さんのコメント...

 tamyさん

 次のPETでよい画像が出るのでは。

 study2007さんが採血によらない、血液の状態の「検出」を伝授してくれるそうです。
 楽しみです、かなり厳密な手順が必要のようですが。

 白血球もう少し戻したいですね。

ラザロ さんのコメント...

癌の患者負担は、国が面倒を見てくれないですし、ある党首にメールを送りましたが、相手にしてくれませんでした。今度は地元の政治家にトライしてみます。
支援を受けていない病気では、珍しいですね。病院や研究機関、そして製薬関係は、何かしら、恩恵を受けているのではないかと思います。
せめて、1割負担にしてもおかしくないですね。国のカット主義でしょうか?
これほど深刻な病気も少ないと思います。
禁煙に対しても、アスベストに対しても非常に甘いです。
今、新しい癌の検査技術が研究されています。酸素(18)です。

tamy さんのコメント...

名無しさん
ラザロさん

お二人が言われている、新しいガンの検査技術というのは同じものでしょうか?

ラザロさんの言われるように日本の福祉行政は実にお粗末です。総理も「国民の立場」を盛んに口にしますが、いつも口先だけという印象です。弱者に目を向ければおのずからもっと充実した福祉行政はできるはずです。

すき焼き食っている離れ(特別会計)や行政の無駄を徹底的になくせば、もっと福祉に回せるお金があるはずです。

ハンフリー さんのコメント...

 tamyさん  
 ハンフリーです

先の紙込みはなぜかブログマークだけで出て行きました。

私の「技術」は、測定で白血球減少を予測して、食物で減少をおぎなう技術です、study2007さんのブログで展開中です。

去年2月上旬の白金製剤で脱毛した時の白血球が2000前後で最悪レベルでした。

study2007 さんのコメント...

tamyさん

リンクのご許可、どうもありがとう御座いました。試しにメールもしてみました。今後ともよろしく御願い致します。ただ現状では1部の記事にリンクされている様ですので出来ましたらトップページにリンクを変更して頂けないでしょうか?
http://ameblo.jp/study2007/
です。お手数をかけ申し訳ありません。

ハンフリーさん(tamyさんのコメント欄で失礼します)
「技術」などと評価される程のモノでは有りませんが、自分の治療ではかなり役に立ちました。意外と身体は正直なんだなと感じましたし、習慣になれば朝2〜3分の簡単な作業なので特に負担もありませんでした。

遅々として進まないブログですが今後ともよろしく御願い致します。

tamy さんのコメント...

ハンフリーさん
study2007さん

遅くなりましたが、サイトトップページから飛ぶリンク集の中にお二人のブログを追加しました。
紹介文等は私が適当に入れてありますので、もし変更のご希望がある場合は直しますのでご連絡ください。
mail adress: mmn@mt63.com

尚、お二人はこのブログを開始した後の相互リンクなので、ブログからも飛びやすいように、ブログにもリンクを残しておきます。

ヒロ さんのコメント...

tamyさん

母が本日(25日)退院となりました。
イレッサ投与開始後3週間が経過、劇的な効果とまではいきませんが、血液検査数値等効果が認められ、また副作用がまったく出ていないため退院が許可され通院治療となりました。これからも治療は続くわけですし、いろいろなことが待っていると思いますが、まずは第一関門突破という感じで少しホッとしてます。tamyさんはじめ他の方にもアドバイスをいただけたことが非常に嬉しく、心強く、勇気となりました。これからもよろしくお願いします。

tamy さんのコメント...

ヒロさん
それは良かったですね。
抗がん剤治療ではなかなか劇的な回復は少ないようですが、現状維持も効果の内なので、長い目で見てください